FC2ブログ

フリージアン外乗:体験談


ただ今発売中の馬ライフ記事、
およみいただけましたでしょうか?
大人気のフリージアン外乗をご紹介しております。

Umalife12Cover.jpg Kiji.jpg

今年の10月、このフリージアン外乗に訪れたKさんの感想です。
Kさんはマンチェスターからレンタカーで、
フリージアンと重種馬の施設を回り、
ロンドンに入ってからは、ウインザーとハイドパークで
イギリスの外乗を満喫して帰られました。

長いですが、ぜひお読みください。

🐎💚🐎💚🐎💚🐎💚🐎💚🐎💚🐎💚🐎💚

イギリスより無事に帰国しました。お世話になりました。

今回の旅は色々な夢が叶った本当に幸せな旅で、
いままでの人生最高の旅でした。
これも全てイギリス乗馬さまのおかげと、
改めて御礼申し上げます。
ありがとうございました。

さて、今回の旅で行った施設の様子や感想など
少しお伝えしたいと思います。

まずはフリージアンの施設について。
B&Bはとても快適でした。建物自体は古いようですが、
綺麗にされていて、水回りもとても清潔で、お湯もたっぷり出ました。
朝ごはんも美味しかったです。イチゴ、ブルーベリー、ラズベリーなどの
たっぷりのフルーツにヨーグルト、チョコ入りのクロワッサンにミルクティーと、
朝から幸せな気分になれる朝食でした。

オーナーさんには大変お世話になりました。
英語がろくにできない私のために携帯の翻訳アプリを使って
説明してくれたりして大変嬉しくありがたかったです。
憧れのフリージアンは、想像どおり、
いやそれ以上に素晴らしかったです…!!
馬体はツヤツヤのピカピカ、豊かなたてがみと尾っぽ、
がっしりとした足に距毛。
(私は足元がファサファサしている馬が大好きです♥️)

1日目の騎乗はHannesくんで、馬場で少し運動してから外乗へ行きました。
なだらかな丘に緑が広がり、のんびりと草を食む羊たち。
これぞイギリス!という田園風景の中を外乗するのは
至福のひとときでした。
街中も散策し、まるで中世のような街並みに、
フリージアンはとても馴染んで素敵でした。
Hannesくんは乗り心地も反応もよくて、いつまでも乗っていたいくらいでした。
馬のお世話したがりの私にとって、ブラッシングなどのお手入れを
させてくれたのも感激でした。
とても嬉しく充実した時間を過ごせました。

2日目の午前中の馬車体験は、こちらもHannesくんで、
馬車の運転という日本ではなかなかできない
貴重な体験をさせてもらいました。
Hannesくんはこんな素人の号令でもきちんと従ってくれて、
賢さにまた感激しました。
馬車は前後に長いので左右に曲がるときは
それを考慮したハンドリングが必要だったり、
下り坂ではブレーキを使って馬に負担をかけないようにするなど、
馬車ならではの気をつけるポイントがあり、
慣れてくるとそれをこなすのがとても楽しく、
記事に書いていらっしゃいましたが、
まさに病みつきになりそうでした!

2日目の午後の騎乗はJolandaちゃんという女の子で、
放牧地から連れてくるのもさせてもらえたのですが、
行ったら馬の方から寄ってくるのがとても可愛らしくて。
ゆったりとした動きの子で、Hannesくんとは違った感じも楽しめました。

最終日の騎乗はまたHannesくんでした。
この日、カメラマンさんに撮影してもらいまして、
「乗る前にヘルメットなしで撮る?」とHannesくんと撮影してもらえたり、
馬場内での騎乗の様子や、広い草原を走っているところ、
街中など色々なシチュエーションで撮っていただけました。
外乗に出かける前に馬場内で「速歩でも駈歩でもしていいよ」と
少し自由騎乗をさせてもらえたのですが、楽しくて楽しくて。
憧れのフリージアンで自由騎乗が出来るなんて。
一生に一度でいいから乗ってみたい、ちょっとまたがるだけでもいいから
(でも欲をいえばちょっと速歩くらいしてみたい、
もっと欲をいえば駈歩もしてみたい)、
と思っていた馬で自由騎乗…!!夢のようでした。
撮影時にもHannesくんはとてもお利口で、
スピードを出しすぎず駈歩してくれました。
帰り道、ここを戻るともう終了かととても名残惜しかったです。

オーナーさんも、オーナーさんのお母さんも英語もろくにできない私に
温かく接していただき、とても親切にしていただいたこと、
忘れられない思い出になりました。
カメラマンさんもとてもよい写真を撮っていただいたようで、大変嬉しいです。

また、フリージアンの施設で外乗しているとき、
「ああイギリスっていいな」と強く感じたのが、田舎道で道が狭いので
車が道を譲って馬が通るのを待っててくれるところです。
「ありがとう」と手を上げてドライバーさんに挨拶すると、
「どういたしまして」と向こうも笑顔で返してくれる、
そんなやりとりに温かさを感じました。

1060351-2448x1836.jpg
<フリージアンのハネス君>

ヘビーホースは、旅行中、一番の晴天に恵まれました。
この日はクライズデールのBenくんでした。
クライズデールにも乗ってみたかったので大感激でした。
こちらでは乗る前に注意点の説明があったり、
自分の騎乗レベルについて確認する時間があり、
乗ってからも最初の速歩の練習は
回りに木が並んだ緩やかな上り坂の一本道でと、
ビビりの私にとってはとても安心して乗れました。
だんだん慣れてきたら駈歩もでき、
重種ならではの沸き上がるような
パワーとダイナミックさを体感できました。
そしてたまたまラッキーだったのだと思いますが、
この日のファームライドの参加者が私だけで、
プライベート外乗状態となり、インストラクターの子も親切で、
写真や動画をいっぱい撮ってくれました。
天候がよく眺めも最高で、とても楽しむことができました。

CHHKondo.jpg
<好天に恵まれたヘビーホース外乗>

フリージアンでは教えていただいたレストランへ行きました。
イギリスとは思えない美味しさ、というと失礼になってしまうのかもしれませんが、
湖水地方であんなに上品で美味しい料理に巡り会えたのは嬉しい驚きでした。
少食の私にとって、あまりボリューミーでない量もありがたかったです。
 
教えていただいた乗馬用品のお店Naylors Equestrianにも立ち寄りました。
お店はとても広く、じっくり見るには時間がいくらあっても足りないくらいでした。
時間の都合で30分ほどしか滞在できなかったのが非常に口惜しかったです。

1060313-2448x1836.jpg

1060318-2448x1836.jpg
<Naylorsの店内>

少し心配していた車の運転ですが、非常に運転しやすく楽しかったです!
日本と同じ右ハンドル左側通行で、運転に違和感を感じませんでした。
マンチェスターから湖水地方と、田舎の方しか走っていないせいと思いますが、
交通量もそんなに多くなく、高速は無料だし、
ナビにポストコードを入れれば目的地はすぐ表示されるし、とても便利でした。

ウインザーでの騎乗は、実はちょっと馬に走られてしまいまして、スリリングでした。
最初のうちは良かったのですが、この日は風がとても強かったせいか、
だんだん私の乗った馬のテンションが上がってきて、
うっかりすると駆け出しそうな雰囲気に。
幸いなことに、この日も私一人でプライベート外乗状態だったので、
「駈歩やる?」と聞かれても、いかにもやばそうな雰囲気のときは
「ここは速歩でいい」と遠慮なく返すことができたのですが、
広い草原に出た時にまた「駈歩やる?」と聞かれ、
ちょっと落ち着いてきたからいいかな、とOKしたら、
走っている途中に風がとても強くなり、私の馬が先導の馬を抜いて爆走。
走られたところが広い草原だったので大きく円を描いて曲げ、
なんとか馬を止めることができました。
とまあ、ちょっとスリリングなところはありましたが、
ウインザーグレートパークはとても美しく広い公園で、
馬専用の信号に自動ゲート、そして馬用の道が綺麗に整備され、
さすが乗馬大国イギリスの女王陛下の庭だ、と感動しました。
振り返ればその庭で爆走できたのも一つのよい経験になったかと(笑)。

1060597-2448x1836.jpg

1060598-2448x1836.jpg
<ウインザー外乗>

ハイドパークでの外乗は、これも長年の憧れだったので、
ここでもまた一つ夢が叶いました。
私好みの足元がファサファサした、Bonzくんという落ち着いた
ベテラン外乗馬がパートナーでした。
街中の信号待ちしている車の間を抜けて公園へ向かい、
しっかり誘導しなければ鐙などで車を傷つけてしまうかも、
という緊張感は初めてでした(笑)。
ここは他より騎乗時間が短かったので、
本当にあっという間に終わってしまい、とても名残惜しく感じました。
1060799-2448x1836.jpg
<ハイドパーク外乗>

ナショナルギャラリーにWhistlejacketという馬の絵を見に行ったら、
今は展示してなかったという空振りもありましたが、ロンドンでは
近衛騎兵隊博物館とロイヤルミューズに行き、どちらも馬がいて楽しめました。

千本木さまのおかげで、とても充実した、馬三昧の旅が出来ました。
本当にありがとうございました。

🐎💚🐎💚🐎💚🐎💚🐎💚🐎💚🐎💚🐎💚

嬉しい嬉しい感想でした。

イギリス乗馬倶楽部は、
イギリスで楽しい外乗・馬旅行を手配しております。
ご紹介している施設の9割は、
日本人として、ライダーとして、旅行者としての立場で
視察&騎乗済みです!
施設との連携・連絡もばっちりです。

なんでも、ご相談ください。

ランキングに参加しています。
うん、この情報役に立った!
というかたはぜひ1ポチお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村


テーマ: - ジャンル:海外情報

Fiona Johnstone 日本クリニック 11月9日~20日<第3回目>


馬のプロデューサーでもあり、
イギリス乗馬倶楽部で応援している
障害飛越選手のフィオナを連れての日本ツアー
ご好評いただきまして、ありがたいことに
第3回目も開催できることになりました。

11月9日(金曜日)~11月21日(水曜日)まで、
また日本にお邪魔します。

一部決定している日程は以下の通りです。

11月10日(日曜日) 埼玉県の日本乗馬倶楽部様にて馬物直販会
11月12日(月曜日) 日本乗馬倶楽部様 クリニック
11月13日(火曜日) 日本乗馬倶楽部様 クリニック(非公開)

11月14日(水曜日) フリーダムライディングクラブ様定例会参加(一個人として)
定例会の詳細はこちら

11月16日(金曜日)~18日(日曜日) 千葉県八街市のコルザホースクラブ様にてクリニック
土曜日には実際にイギリスのRDAに関わる者から見た視点での
RDAについてのプレゼンをさせていただきます。

11月19日(月曜日)千葉斎藤乗馬苑・個人レッスン

イギリス乗馬倶楽部はどんな人がやっているのだろう?
ちょっと会ってみたい!という方は、ぜひご連絡ください。
ご希望が多い場合は、どこかで交流会・お茶会など開催できたらとも思っております。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせメールアドレス:Igirisu.Joba.Club@☆
(☆をgmail.comに替えてください)
新しい出会い、懐かしい出会い、楽しみにしております。

フィオナの略歴については、こちらの記事をご参照ください。

IMG_0012.jpg
<2017年11月 千葉県八街市のコルザホースクラブさまでのクリニックの1コマ>
IMG_0840.jpg IMG_0849.jpg
<2018年3月は日本乗馬倶楽部さまで非公開クリニックを開催させていただきました>
IMG_0868.jpg
<2018年3月の個人のお申込みの方のレッスン風景>

Mt Fuji Sakura.jpg
<前回は、桜にも恵まれ、富士山も堪能、楽しい日本でした!もちろん、仕事もしましたよ!>





テーマ: - ジャンル:海外情報

ベルサイユ外乗訪問記


2018年9月、ようやくパリ外乗の視察に赴くことができました。

実は、パリ外乗は、お申込み数第3位と大人気です。
くすん、『イギリス』乗馬倶楽部なのに。。。
国が違うから気軽に視察にいけませんが、
お取り扱いを始めてから3年、
そろそろ見においでとお誘いいただいたので
お言葉に甘えて、出かけることにしました。

イギリス乗馬倶楽部で手配している施設の
9割は視察済み&騎乗済みです。
百聞は一見にしかず。
乗馬学校勤務時代に培った安全面のポイントをしっかりとチェックし、
さらに馬好きとして、騎乗者として、旅行者として、日本人としての目から
しっかりと視察した施設のみを
自信をもってお勧めしております。

パリ外乗は4か所ありますが、まずはベルサイユへ。

日程を決めたのが5月ぐらい。さっそくホテルをおさえようとおもったら、
取れない取れない。なぜ?って言うくらい空いてない。
複数のサイトを回って、もう最後の1部屋みたいなのをようやく抑えました。
さて、当日はイギリスからパリへのユーロスターも激混み。
なんで~?とおもっていたら、
ライダーカップやってました・・・。しかも、ベルサイユの近くで・・・。
ベルサイユの街中はライダーカップのオフィシャルカーが走り回り、
他の大きいホテルはすべて借り上げられているようでした。
ま、こんなこともあるということで。

パリ外乗は、施設があるわけではなく、
パリ近郊の公園に、馬をトラックで運んでくるという方法をとっているため、
待ち合わせ場所には、建物などありません。

ベルサイユ外乗の待ち合わせは、Saint Antoine門。
IMG_4206.jpg
宮殿そのものからは、徒歩で30分位離れています。

お天気がよいので、ひたすら歩きました。
IMG_4205.jpg
<永遠に続きそうな道…>

この脇のピクニックエリアで待っていると、銀色の馬運車が到着します。
降りてきたのは、すべての外乗をガイドしてくださるバティスタさん。
サクサクッとピクニックテーブルを広げ、飲み物とお菓子で、
初めましてのご挨拶。

この時も、他にも馬運車が続々やってきました。
IMG_4207.jpg
<続々到着する馬運車>

現在、ベルサイユで外乗を行っている組織は3組いますが、
オリジナルはイギリス乗馬が手配するバティスタさんで、
1名様からでも申し込めるのが嬉しい。

使用する馬は、普段はホースボールという競技にも使用されている、
小柄でフィットな馬たち。種類はいろいろ。
どの子もスタスタと前にでる。軽いんです。
鐙が固定されていますが、慣れればとても乗りやすい。

FILE0062.jpg
<いざ、出発~>

cantering.jpg

FILE0090.jpg
<爆走~>

FILE0069.jpg
<爆走~。臨場感重視で!>

外乗場所は、ベルサイユ宮殿の庭園の一部ですが、
観光客がひしめている宮殿まわりではなくて、
地元の人たちが、ランニングしていたり、犬の散歩をしていたり、
ヨガをしてたりしているだけで、人通りは多くありません。

途中、何回かグランドカナル脇に出ます。
ここは、のんびりと歩いて、景色を堪能します。
FILE0118.jpg

FILE0110.jpg
<ボートの人に、ボンジュール中>

IMG_4255.jpg
<バティスタさんと部員グリーン。バティスタさんは、
見た目厳ついですが、静かに話す優しい方でした。>
IMG_4246.jpg
<宮殿を臨みます。肉眼ではもっと大きくみえたんですけどねー>

2時間の外乗の内、45分ぐらいは走っていたのではないのか思うぐらい駈けました。
あまりフィットではない部員たち、ヘトヘトになって戻ってくると
今度は、ミニピクニック。
picnic_201810190859057b8.jpg
<ワイン、トマト、チーズやサラミ、そして自家製ペーストに
もちろんフランスパン。飾らないけど美味しいです>

歓談がすんだら、お別れです。

お勧めは、小トリアノン宮殿まで歩いて、
そこからMini-Trainにのってシャトーまで戻ると楽ですよ。
Mini Train

以下はいろいろ余談。

ベルサイユで馬好きとして見逃せないのは
大厩舎内のL'Académie équestre nationale

馬術芸術の鬼才バルタバスによる馬のショーです。
IMG_5554.jpg
建物も素敵です。
公演は原則土日だけです。
平日は内部の見学はできます。

こちらは別の日の昼間。

タイミングが合えば、表の馬場での調教を
見ることができます。
IMG_4290.jpg

IMG_4278.jpg

大厩舎の片側は、馬車博物館になっており、
豪華な馬車が展示されています。
carriage1.jpg

carriage3.jpg

Icarriage2.jpg


おまけのおまけ。

あるレストランで、他の方が食べているのをみて、
私たちも頼んじゃいました。

これなーんだ?
merenge.jpg





正解はメレンゲ!
メレンゲを切り出して、カスタードに浮かべる
英語ではFloating Island(浮かぶ島)と呼ばれるデザート。
Floating island
カロリー振り切れてますが、おいしかった~~~~。
ぜひお試しあれ。
こちらのレストランで食べました。
Le Boeuf à la Mode

沢山歩いて、運動もしたけれども、
体重はしっかり増えてしまった
ベルサイユ視察でした。

ランキングに参加しています。
うん、この情報役に立った!
というかたはぜひ1ポチお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村



テーマ: - ジャンル:海外情報

ベルサイユ外乗:追加情報

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

オランダ分班デビュー!



オランダ分班デビュー!

ありがたいことに、またご縁がつながって、
オランダでの外乗もご案内できることになりました。
見つからなくてもいいから、外乗施設を探してくださいと
依頼してくださった(=・ω・=)さんに感謝感謝です。
イギリス乗馬倶楽部は皆様の
「叶えたい」が原動力です。

施設は日本人ライダーの受け入れは初めてだったとのことですが、
次からももちろんウエルカムとのことで、
イギリス乗馬の手配可能施設として
登録することになりました。
未視察です。
1時間~4時間までの外乗があります。

右の問い合わせフォーム、もしくは
イギリス乗馬倶楽部のフェイスブックページから
お問い合わせください。お待ちしております。

以下は、きっかけをくださった(=・ω・=)さんの6月30日の
2時間外乗のレポートです。
いっぱい駈けれるみたいですよ(^_-)-☆

彡^・∋彡^・∋彡^・∋彡^・∋ (=・ω・=) ∈・^ミ∈・^ミ∈・^ミ∈・^ミ


S女史に無理を言ってオランダでの外乗を手配して頂く。
場所は、AMSから電車で一時間、ウエスタンスタイルの牧場。
夜7時からの2時間トレイル。(この時期めちゃめちゃ明るい。)

近くのホテルより徒歩20分!
(森の中の幹線道路の側道=自転車用をひたすら歩く。)
DSC_2096.jpg
見えてきました、トウモロコシ畑のなかに 馬ッ! の目印。
DSC_2097.jpg
受付は、奥ッて書いてあるので廻りこんでウエスタン酒場⁉棟へ。
DSC_2098.jpg

DSC_2104.jpg

特に受付票とかなく、名前言うと
「OK、わかッとるばい」「時間まで待っとって」とのこと。
支払いは、「最後にね」

時間まで牧場見学。時間になったので表の広場へ。
本日の外乗 20名。
(皆さん、ご夫婦やご家族連れ)おばちゃんらにいろいろ訊かれる。
名前の点呼のあと、馬の割り当て、屋内馬場でのセッティング。
僕のは、めちゃめちゃ良い馬、って皆さん言ってた。
でもさすがにウエスタン鞍 硬くて痛いッ。

では、出発!牧場を出て、道路を横切り森へ。
1kmくらい先で2班に分かれ別ルートへ。
PICT0191.jpgPICT0194.jpg

まずは、草原の中の農道をトロット、キャンター➡林の中をトロット、キャンター
狭い森の小径もあり、楽しい。
それにしても一回のキャンターの時間も長く、けっこう駈らせてくれる。
PICT0200.jpgPICT0211.jpg

途中、夕日がきれいなところで 写真撮影。
IMG-5555.jpg

PICT0206.jpg

けっこう駈しりながら入れ替わりで、話かけられ 
英会話教室乗馬。なんとなくわかる⁉かも。
最後のキャンターは、森の中へ入り、
めいっぱいのロングトレイル。
さすがにしんどい、お尻痛い。
PICT0216.jpgPICT0221.jpg

広いエリアを一周廻って (たぶん15kmくらい⁉のコース)もとの場所へ。
時間やコースいろいろあるとのこと。
クールダウンしながら牧場へ戻り アフターティータイム!?
ビールにおつまみ(チーズ、ハム)もあり1時間くらい談笑英会話教室。
DSC_2105.jpgPICT0228.jpg

皆さん めちゃめちゃ親切で楽しかった。
帰りは、車で送って頂く。

記:超フレンドリーな健康乗馬倶楽部。
近隣のリピーターが多く予約もすぐ埋まるとのこと。
料金が安いので満足感あり。
もっとワイルドなコースもあり楽しめそう。

彡^・∋彡^・∋彡^・∋彡^・∋ (=・ω・=) ∈・^ミ∈・^ミ∈・^ミ∈・^ミ

ランキングに参加しています。
うん、この情報役に立った!
というかたはぜひ1ポチお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村


テーマ: - ジャンル:海外情報

<お知らせ>
頂いたお問い合わせには必ず返信していますが、もし返信が届かない場合は、迷惑メールフォルダもご確認下さい。フェイスブックアカウントをお持ちの場合は、そちらかメッセージいたければ、確実です。
アクセスカウンター
facebookあります。
プロフィール

ukridingclub

Author:ukridingclub

小さい頃にのった
馬の感覚が忘れられず、

運動神経ゼロ、
リズム感なし、
バランス感覚なし
にも関わらず、
大学生になってから、
本格的に乗馬スタート。



はまる。



結婚後、
ダンナをそそのかして、
イギリスに就職させる。

そして、
自分は乗馬学校の門をたたく。


いかんせん、
馬全体に関して、

経験が足りないことを痛感し、

すこしでも、
馬といる時間を増やすために、

乗馬学校に入り浸る。
(無料ヘルパー状態に)



程なく、
乗馬学校でお仕事の
オファーを受け、
留学カウンセラーとの
2足のわらじを履いて、
働きながら、

トレーニングを受け、

英国乗馬学校協会(ABRS)の
Preliminary Horse Care and Riding Level 1& 2
を取得。


英国馬術協会(BHS)
Care and Riding Level 1&2
を取得。



現在は、
乗馬学校はやめ、
翻訳会社ではたらきながら
17歳の愛馬とともに、
日々精進中です。

おなじ乗馬愛好者さんが
イギリスで乗馬する
お手伝いをしたいとおもって
このブログ作りました。

私が予約代行する場合は
お一人様1件1鞍につき手配料30ポンドから。
グループや長期の場合は
手配料込の価格をご案内いたします。
ご相談下さい。

馬関係のご相談は無料で
ウエルカムです!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる