FC2ブログ

Fiona Johnstone 日本クリニック 11月9日~20日<第3回目>


馬のプロデューサーでもあり、
イギリス乗馬倶楽部で応援している
障害飛越選手のフィオナを連れての日本ツアー
ご好評いただきまして、ありがたいことに
第3回目も開催できることになりました。

11月9日(金曜日)~11月21日(水曜日)まで、
また日本にお邪魔します。

一部決定している日程は以下の通りです。

11月10日(日曜日) 埼玉県の日本乗馬倶楽部様にて馬物直販会
11月12日(月曜日) 日本乗馬倶楽部様 クリニック
11月13日(火曜日) 日本乗馬倶楽部様 クリニック(非公開)

11月14日(水曜日) フリーダムライディングクラブ様定例会参加(一個人として)
定例会の詳細はこちら

11月16日(金曜日)~18日(日曜日) 千葉県八街市のコルザホースクラブ様にてクリニック
土曜日には実際にイギリスのRDAに関わる者から見た視点での
RDAについてのプレゼンをさせていただきます。

11月19日(月曜日)千葉斎藤乗馬苑・個人レッスン

イギリス乗馬倶楽部はどんな人がやっているのだろう?
ちょっと会ってみたい!という方は、ぜひご連絡ください。
ご希望が多い場合は、どこかで交流会・お茶会など開催できたらとも思っております。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせメールアドレス:Igirisu.Joba.Club@☆
(☆をgmail.comに替えてください)
新しい出会い、懐かしい出会い、楽しみにしております。

フィオナの略歴については、こちらの記事をご参照ください。

IMG_0012.jpg
<2017年11月 千葉県八街市のコルザホースクラブさまでのクリニックの1コマ>
IMG_0840.jpg IMG_0849.jpg
<2018年3月は日本乗馬倶楽部さまで非公開クリニックを開催させていただきました>
IMG_0868.jpg
<2018年3月の個人のお申込みの方のレッスン風景>

Mt Fuji Sakura.jpg
<前回は、桜にも恵まれ、富士山も堪能、楽しい日本でした!もちろん、仕事もしましたよ!>





スポンサーサイト



テーマ: - ジャンル:海外情報

ベルサイユ外乗訪問記


2018年9月、ようやくパリ外乗の視察に赴くことができました。

実は、パリ外乗は、お申込み数第3位と大人気です。
くすん、『イギリス』乗馬倶楽部なのに。。。
国が違うから気軽に視察にいけませんが、
お取り扱いを始めてから3年、
そろそろ見においでとお誘いいただいたので
お言葉に甘えて、出かけることにしました。

イギリス乗馬倶楽部で手配している施設の
9割は視察済み&騎乗済みです。
百聞は一見にしかず。
乗馬学校勤務時代に培った安全面のポイントをしっかりとチェックし、
さらに馬好きとして、騎乗者として、旅行者として、日本人としての目から
しっかりと視察した施設のみを
自信をもってお勧めしております。

パリ外乗は4か所ありますが、まずはベルサイユへ。

日程を決めたのが5月ぐらい。さっそくホテルをおさえようとおもったら、
取れない取れない。なぜ?って言うくらい空いてない。
複数のサイトを回って、もう最後の1部屋みたいなのをようやく抑えました。
さて、当日はイギリスからパリへのユーロスターも激混み。
なんで~?とおもっていたら、
ライダーカップやってました・・・。しかも、ベルサイユの近くで・・・。
ベルサイユの街中はライダーカップのオフィシャルカーが走り回り、
他の大きいホテルはすべて借り上げられているようでした。
ま、こんなこともあるということで。

パリ外乗は、施設があるわけではなく、
パリ近郊の公園に、馬をトラックで運んでくるという方法をとっているため、
待ち合わせ場所には、建物などありません。

ベルサイユ外乗の待ち合わせは、Saint Antoine門。
IMG_4206.jpg
宮殿そのものからは、徒歩で30分位離れています。

お天気がよいので、ひたすら歩きました。
IMG_4205.jpg
<永遠に続きそうな道…>

この脇のピクニックエリアで待っていると、銀色の馬運車が到着します。
降りてきたのは、すべての外乗をガイドしてくださるバティスタさん。
サクサクッとピクニックテーブルを広げ、飲み物とお菓子で、
初めましてのご挨拶。

この時も、他にも馬運車が続々やってきました。
IMG_4207.jpg
<続々到着する馬運車>

現在、ベルサイユで外乗を行っている組織は3組いますが、
オリジナルはイギリス乗馬が手配するバティスタさんで、
1名様からでも申し込めるのが嬉しい。

使用する馬は、普段はホースボールという競技にも使用されている、
小柄でフィットな馬たち。種類はいろいろ。
どの子もスタスタと前にでる。軽いんです。
鐙が固定されていますが、慣れればとても乗りやすい。

FILE0062.jpg
<いざ、出発~>

cantering.jpg

FILE0090.jpg
<爆走~>

FILE0069.jpg
<爆走~。臨場感重視で!>

外乗場所は、ベルサイユ宮殿の庭園の一部ですが、
観光客がひしめている宮殿まわりではなくて、
地元の人たちが、ランニングしていたり、犬の散歩をしていたり、
ヨガをしてたりしているだけで、人通りは多くありません。

途中、何回かグランドカナル脇に出ます。
ここは、のんびりと歩いて、景色を堪能します。
FILE0118.jpg

FILE0110.jpg
<ボートの人に、ボンジュール中>

IMG_4255.jpg
<バティスタさんと部員グリーン。バティスタさんは、
見た目厳ついですが、静かに話す優しい方でした。>
IMG_4246.jpg
<宮殿を臨みます。肉眼ではもっと大きくみえたんですけどねー>

2時間の外乗の内、45分ぐらいは走っていたのではないのか思うぐらい駈けました。
あまりフィットではない部員たち、ヘトヘトになって戻ってくると
今度は、ミニピクニック。
picnic_201810190859057b8.jpg
<ワイン、トマト、チーズやサラミ、そして自家製ペーストに
もちろんフランスパン。飾らないけど美味しいです>

歓談がすんだら、お別れです。

お勧めは、小トリアノン宮殿まで歩いて、
そこからMini-Trainにのってシャトーまで戻ると楽ですよ。
Mini Train

以下はいろいろ余談。

ベルサイユで馬好きとして見逃せないのは
大厩舎内のL'Académie équestre nationale

馬術芸術の鬼才バルタバスによる馬のショーです。
IMG_5554.jpg
建物も素敵です。
公演は原則土日だけです。
平日は内部の見学はできます。

こちらは別の日の昼間。

タイミングが合えば、表の馬場での調教を
見ることができます。
IMG_4290.jpg

IMG_4278.jpg

大厩舎の片側は、馬車博物館になっており、
豪華な馬車が展示されています。
carriage1.jpg

carriage3.jpg

Icarriage2.jpg


おまけのおまけ。

あるレストランで、他の方が食べているのをみて、
私たちも頼んじゃいました。

これなーんだ?
merenge.jpg





正解はメレンゲ!
メレンゲを切り出して、カスタードに浮かべる
英語ではFloating Island(浮かぶ島)と呼ばれるデザート。
Floating island
カロリー振り切れてますが、おいしかった~~~~。
ぜひお試しあれ。
こちらのレストランで食べました。
Le Boeuf à la Mode

沢山歩いて、運動もしたけれども、
体重はしっかり増えてしまった
ベルサイユ視察でした。

ランキングに参加しています。
うん、この情報役に立った!
というかたはぜひ1ポチお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村



テーマ: - ジャンル:海外情報

ベルサイユ外乗:追加情報

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
<お知らせ>
頂いたお問い合わせには必ず返信していますが、もし返信が届かない場合は、迷惑メールフォルダもご確認下さい。フェイスブックアカウントをお持ちの場合は、そちらかメッセージいたければ、確実です。
アクセスカウンター
facebookあります。
プロフィール

ukridingclub

Author:ukridingclub

小さい頃にのった
馬の感覚が忘れられず、

運動神経ゼロ、
リズム感なし、
バランス感覚なし
にも関わらず、
大学生になってから、
本格的に乗馬スタート。



はまる。



結婚後、
ダンナをそそのかして、
イギリスに就職させる。

そして、
自分は乗馬学校の門をたたく。


いかんせん、
馬全体に関して、

経験が足りないことを痛感し、

すこしでも、
馬といる時間を増やすために、

乗馬学校に入り浸る。
(無料ヘルパー状態に)



程なく、
乗馬学校でお仕事の
オファーを受け、
留学カウンセラーとの
2足のわらじを履いて、
働きながら、

トレーニングを受け、

英国乗馬学校協会(ABRS)の
Preliminary Horse Care and Riding Level 1& 2
を取得。


英国馬術協会(BHS)
Care and Riding Level 1&2
を取得。



現在は、
乗馬学校はやめ、
翻訳会社ではたらきながら
17歳の愛馬とともに、
日々精進中です。

おなじ乗馬愛好者さんが
イギリスで乗馬する
お手伝いをしたいとおもって
このブログ作りました。

私が予約代行する場合は
お一人様1件1鞍につき手配料30ポンドから。
グループや長期の場合は
手配料込の価格をご案内いたします。
ご相談下さい。

馬関係のご相談は無料で
ウエルカムです!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる