FC2ブログ

ベルサイユ外乗訪問記


2018年9月、ようやくパリ外乗の視察に赴くことができました。

実は、パリ外乗は、お申込み数第3位と大人気です。
くすん、『イギリス』乗馬倶楽部なのに。。。
国が違うから気軽に視察にいけませんが、
お取り扱いを始めてから3年、
そろそろ見においでとお誘いいただいたので
お言葉に甘えて、出かけることにしました。

イギリス乗馬倶楽部で手配している施設の
9割は視察済み&騎乗済みです。
百聞は一見にしかず。
乗馬学校勤務時代に培った安全面のポイントをしっかりとチェックし、
さらに馬好きとして、騎乗者として、旅行者として、日本人としての目から
しっかりと視察した施設のみを
自信をもってお勧めしております。

パリ外乗は4か所ありますが、まずはベルサイユへ。

日程を決めたのが5月ぐらい。さっそくホテルをおさえようとおもったら、
取れない取れない。なぜ?って言うくらい空いてない。
複数のサイトを回って、もう最後の1部屋みたいなのをようやく抑えました。
さて、当日はイギリスからパリへのユーロスターも激混み。
なんで~?とおもっていたら、
ライダーカップやってました・・・。しかも、ベルサイユの近くで・・・。
ベルサイユの街中はライダーカップのオフィシャルカーが走り回り、
他の大きいホテルはすべて借り上げられているようでした。
ま、こんなこともあるということで。

パリ外乗は、施設があるわけではなく、
パリ近郊の公園に、馬をトラックで運んでくるという方法をとっているため、
待ち合わせ場所には、建物などありません。

ベルサイユ外乗の待ち合わせは、Saint Antoine門。
IMG_4206.jpg
宮殿そのものからは、徒歩で30分位離れています。

お天気がよいので、ひたすら歩きました。
IMG_4205.jpg
<永遠に続きそうな道…>

この脇のピクニックエリアで待っていると、銀色の馬運車が到着します。
降りてきたのは、すべての外乗をガイドしてくださるバティスタさん。
サクサクッとピクニックテーブルを広げ、飲み物とお菓子で、
初めましてのご挨拶。

この時も、他にも馬運車が続々やってきました。
IMG_4207.jpg
<続々到着する馬運車>

現在、ベルサイユで外乗を行っている組織は3組いますが、
オリジナルはイギリス乗馬が手配するバティスタさんで、
1名様からでも申し込めるのが嬉しい。

使用する馬は、普段はホースボールという競技にも使用されている、
小柄でフィットな馬たち。種類はいろいろ。
どの子もスタスタと前にでる。軽いんです。
鐙が固定されていますが、慣れればとても乗りやすい。

FILE0062.jpg
<いざ、出発~>

cantering.jpg

FILE0090.jpg
<爆走~>

FILE0069.jpg
<爆走~。臨場感重視で!>

外乗場所は、ベルサイユ宮殿の庭園の一部ですが、
観光客がひしめている宮殿まわりではなくて、
地元の人たちが、ランニングしていたり、犬の散歩をしていたり、
ヨガをしてたりしているだけで、人通りは多くありません。

途中、何回かグランドカナル脇に出ます。
ここは、のんびりと歩いて、景色を堪能します。
FILE0118.jpg

FILE0110.jpg
<ボートの人に、ボンジュール中>

IMG_4255.jpg
<バティスタさんと部員グリーン。バティスタさんは、
見た目厳ついですが、静かに話す優しい方でした。>
IMG_4246.jpg
<宮殿を臨みます。肉眼ではもっと大きくみえたんですけどねー>

2時間の外乗の内、45分ぐらいは走っていたのではないのか思うぐらい駈けました。
あまりフィットではない部員たち、ヘトヘトになって戻ってくると
今度は、ミニピクニック。
picnic_201810190859057b8.jpg
<ワイン、トマト、チーズやサラミ、そして自家製ペーストに
もちろんフランスパン。飾らないけど美味しいです>

歓談がすんだら、お別れです。

お勧めは、小トリアノン宮殿まで歩いて、
そこからMini-Trainにのってシャトーまで戻ると楽ですよ。
Mini Train

以下はいろいろ余談。

ベルサイユで馬好きとして見逃せないのは
大厩舎内のL'Académie équestre nationale

馬術芸術の鬼才バルタバスによる馬のショーです。
IMG_5554.jpg
建物も素敵です。
公演は原則土日だけです。
平日は内部の見学はできます。

こちらは別の日の昼間。

タイミングが合えば、表の馬場での調教を
見ることができます。
IMG_4290.jpg

IMG_4278.jpg

大厩舎の片側は、馬車博物館になっており、
豪華な馬車が展示されています。
carriage1.jpg

carriage3.jpg

Icarriage2.jpg


おまけのおまけ。

あるレストランで、他の方が食べているのをみて、
私たちも頼んじゃいました。

これなーんだ?
merenge.jpg





正解はメレンゲ!
メレンゲを切り出して、カスタードに浮かべる
英語ではFloating Island(浮かぶ島)と呼ばれるデザート。
Floating island
カロリー振り切れてますが、おいしかった~~~~。
ぜひお試しあれ。
こちらのレストランで食べました。
Le Boeuf à la Mode

沢山歩いて、運動もしたけれども、
体重はしっかり増えてしまった
ベルサイユ視察でした。

ランキングに参加しています。
うん、この情報役に立った!
というかたはぜひ1ポチお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ: - ジャンル:海外情報

ヘビーホース外乗訪問記<ビーチ編>




2日目はヘビーホースでのビーチ外乗‼
潮の関係もあり、今回はビーチ外乗ができないと思っていたのですが、
せっかくはるばる来たのだからと、
オーナーのアニーさんが、特別に朝早く連れ出してくれました。

しかし昨日からの悪天候・・
部員グリーンはかなりの晴れ女なのですが、
今回は10数年ぶりの大負けということで。
湖水地方恐るべし、、、

人っこ一人いないビーチに到着。
IMG_5358.jpg

IMG_5359.jpg

部員グリーンは今日はシャイアー種のRosieちゃん。
IMG_5361.jpg

部員レッドは昨日も乗ったEddie君。

早速ジャブジャブジャブ。
IMG_5362.jpg

結構な波をものともせず進みます。
IMG_5366.jpg

IMG_5372.jpg

砂浜だけではなく、一部湿地帯もありました。
スクリーンショット 17

スクリーンショット 16

IMG_5374.jpg

勿論、帰りも大爆走。
スクリーンショット 12

スクリーンショット 15

スクリーンショット 14

スクリーンショット 18

いやー、とても爽快なビーチ外乗でした。

動画編もご覧ください。
風の音がすごいので、音声は小さくしてご覧ください。

ビーチ外乗は、上級者向けのみとなっていますので
ご了承ください。



ランキングに参加しています。
うん、この情報役に立った!
というかたはぜひ1ポチお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村


テーマ: - ジャンル:海外情報

ヘビーホース外乗訪問記<ビーチの動画編> 



この楽しさ、動画でお伝えしたい!

風の音が大きいですので、音量は小さ目で。。。







ランキングに参加しています。
うん、この情報役に立った!
というかたはぜひ1ポチお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村


テーマ: - ジャンル:海外情報

フリージアン外乗+馬車 体験記<番外編>


フリージアン体験記、番外編です。

フリージアンが大好きなトレイシーさん、
黒馬だらけの牧場ですが、
IMG_5217.jpg

他にも、黒い猫もいます。
IMG_5131.jpg

飼っている鶏も、もちろん黒。
IMG_5139.jpg

羊もいます。
もちろん、黒羊。
IMG_5191.jpg

愛犬エッシャーちゃんだけ、茶色でした!
IMG_5203.jpg

近くの村の写真をいくつか。
こじんまりとした、かわいらしい村です。

IMG_5158.jpg
このアーチの下をくぐる馬車ルートもあります。

IMG_5177.jpg
村の教会。

IMG_5157.jpg
部員が夜に舌鼓をうったレストラン。
うんまい!

フリージアン体験記でした。

詳しくお知りになりたい方は
右のお問い合わせフォームから
お気軽に。

ランキングに参加しています。
うん、この情報役に立った!
というかたはぜひ1ポチお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村


フリージアン外乗+馬車 体験記<後編>



前編>の続きです。

近くの村まで車で移動して、昼食。
午後に備えます。
ビレッジショップや、パプ、カフェなど
食べるところが沢山あります。

そしていよいよ馬車体験。

まずは、Rein-Handlingの練習。
トレーシーさん自家製のマシーンを使って
まさに「手綱さばき」を学びます。
片手に1本ずつでなく、左手に2本もって
その上に添えた右手で、右左へと操作する
格調高きコーチマンスタイル。

そして、馬の準備です。
馬車体験をさせてくれるのは、Hanes君。

トレイシーさんに、馬車用のハーネスの説明をうけながら、
装着をお手伝い。
IMG_5230.jpg

馬の安全や、機能を考慮しながら設計されている
昔ながらの革細工に関心しかり。
IMG_5233_20170606234142989.jpg
今回はエクセサイズ用の4人乗り馬車。

そして、スタート。
まずはトレイシーさんが実際に操縦しながら、
いろいろ気を付ける点を説明してくれます。

途中で乗り替わり、いよいよ
部員グリーンが御者台へ。
IMG_5239.jpg

こんなど素人が路上でいきなり
馬車を運転してもよいのでしょうか!

手綱をにぎり、号令をかけます。
「Hanes, Walk on!」
号令で、Hanes君が動き出し、馬車もグンっと引っ張られて動き出します。
馬車自体の振動はほとんど無く、Hanes君のパカポコという足音が耳に心地良く響きます。

慣れてきたところで、トロットを。
前を少しゆるして、号令をかけます。
よく調教されているHanes君はトットットッと走り出します。
意外と速く感じるんです。
坂はトロットで一気に駆けあがります。

馬の足音、ほほに当たる風、手綱から感じる馬の息吹。。。。
病みつきになりそー。

IMG_5240.jpg

そして途中で部員レッドと運転を変わり、さらに田舎道を行きます。
途中で対向車が来ても大丈夫。。。
車がバックして譲ってくれます(^◇^)
(都会じゃ考えられない!)

昔から馬車というのは大好きですが、
自分で馬を操作するというのは
至福の時間でした。
また是非やりたいですね!

この施設には、複数の種類の馬車がありますので、
自ら操縦しない馬車体験の場合は、
歴史ドラマに出てくるような馬車にのって、
近隣の村やカントリロードを楽しむことも可能です。

IMG_5258.jpg
お疲れさまでした、Hanes君‼

詳しくお知りになりたい方は
右のお問い合わせフォームから
お気軽に。

ランキングに参加しています。
うん、この情報役に立った!
というかたはぜひ1ポチお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村





<お知らせ>
頂いたお問い合わせには必ず返信していますが、もし返信が届かない場合は、迷惑メールフォルダもご確認下さい。フェイスブックアカウントをお持ちの場合は、そちらかメッセージいたければ、確実です。
アクセスカウンター
facebookあります。
プロフィール

ukridingclub

Author:ukridingclub

小さい頃にのった
馬の感覚が忘れられず、

運動神経ゼロ、
リズム感なし、
バランス感覚なし
にも関わらず、
大学生になってから、
本格的に乗馬スタート。



はまる。



結婚後、
ダンナをそそのかして、
イギリスに就職させる。

そして、
自分は乗馬学校の門をたたく。


いかんせん、
馬全体に関して、

経験が足りないことを痛感し、

すこしでも、
馬といる時間を増やすために、

乗馬学校に入り浸る。
(無料ヘルパー状態に)



程なく、
乗馬学校でお仕事の
オファーを受け、
留学カウンセラーとの
2足のわらじを履いて、
働きながら、

トレーニングを受け、

英国乗馬学校協会(ABRS)の
Preliminary Horse Care and Riding Level 1& 2
を取得。


英国馬術協会(BHS)
Care and Riding Level 1&2
を取得。



現在は、
乗馬学校はやめ、
翻訳会社ではたらきながら
17歳の愛馬とともに、
日々精進中です。

おなじ乗馬愛好者さんが
イギリスで乗馬する
お手伝いをしたいとおもって
このブログ作りました。

私が予約代行する場合は
お一人様1件1鞍につき手配料30ポンドから。
グループや長期の場合は
手配料込の価格をご案内いたします。
ご相談下さい。

馬関係のご相談は無料で
ウエルカムです!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる