FC2ブログ

トップレベルのドレッサージュなら!


ロンドンから電車で1時間の所に、
素晴らしいドレッサージュヤードがあります。

本日は、日本からのお客様の通訳アテンドを行いました。

日本で、大学時代から乗馬を始め、
間が空きながらも、10数年の馬歴をもつKさん。
自分の馬場馬と セントジョージを踏んだこともあるとのことで
とっておきの、こちらのヤードにお連れしました。
th_IMG_2199-2.jpg

古い建物を上手に取り込んだ
素敵なヤード。



アウトドアアリーナが3面、インドアアリーナが1面あります。
th_IMG_2208.jpg


オーナーの性格が反映するように、
隅々まできちっと掃き清められたヤードには
30頭の馬がいます。
th_IMG_2182.jpg

うち20頭はハノーバー種、ダッチ・ウォームブラッド(KWPN)などの馬場馬。
みな、オーナーが3歳位から作り上げ、
最低でもAdvanced Levelまで確立されています。
th_IMG_2181.jpg

th_IMG_2190.jpg



レッスンスタートです。
最初の馬は15歳の牡馬。
4分の3 Totilasと同じ血が入った子です。
th_090720132529.jpg
オーナーの表現を借りれば、
この馬はメルセデス・ベンツ。

2頭目のこの子は、F1マシーン。
th_090720132533.jpg
なんと、インタミディエイトまで確立された子でした。



2頭ともスイロク馬銜のみでした(@_@)

日本からのお客様の
「雲に乗っているみたいに、フワンフワン!」
という感想が印象に残りました。

オーナーの若馬調教も見学しました。
th_IMG_2191.jpg
この子はあの法華津選手のウィスパー号の妹です。
実はオーナー、ウィスパーが欲しくて欲しくてたまらないそうです。

オーナーの娘さん(U-21 のイギリス代表)の
若馬調教。
th_090720132600.jpg
彼女、きっとリオ五輪にいますよ!

馬術が盛んなイギリスとはいえ、
このレベルまで確立した馬に
ビジターで乗せてくれる所は、
まずありません。

世界レベルの馬場馬を体験するなら
ここしかない!

この施設について、もっと知りたい方は
ぜひメールフォームからお問い合わせください。

ランキングに参加しています。
うん、この情報役に立った!
というかたはぜひ1ポチお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ: - ジャンル:海外情報

ロンドン郊外でドレッサージュ Art of Riding at Ham House stable



London近郊で、ドレッサージュレッスンなら
Ham House StablesのArts of Ridingがお勧め。

ham1.jpg

Ham House Stableはテームズ河沿いのHam市にあり、
Richimond駅、Kingston駅からバスで30分,
Richimond Parkの郊外になります。

Ham2.jpg

もともとはスチュアート朝の建築物
Ham House(現在はNational Trust所有)の厩舎で
赤いレンガの建物は、17世紀の面影を強く残しています。

Ham3.jpg

オーナー/インストラクターのMinette Rice Edwardsさんは
イギリスとアメリカで、ドレッサージュ、ショージャンピング、
イベンティング、エンデュランスの全ての分野で活躍し
イギリスの人気乗馬雑誌「Horse & Rider」に
エクスパートとして寄稿することも度々。

クリニックや、デモンストレーションなど
多忙なインストラクターですが、
平日ならマンツーマンレッスンが可能とのことです。

ham5.jpg

DVDも出されてます。
ham4.jpg

訪問記はこちら。

素敵な雰囲気のなかで
ドレッサージュのマンツーマンレッスンでしたら、
ぜひメールフォームからお問い合わせください。

ランキングに参加しています。
うん、この情報役に立った!
というかたはぜひ1ポチお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村





テーマ: - ジャンル:海外情報

<お知らせ>
頂いたお問い合わせには必ず返信していますが、もし返信が届かない場合は、迷惑メールフォルダもご確認下さい。フェイスブックアカウントをお持ちの場合は、そちらかメッセージいたければ、確実です。
アクセスカウンター
facebookあります。
プロフィール

ukridingclub

Author:ukridingclub

小さい頃にのった
馬の感覚が忘れられず、

運動神経ゼロ、
リズム感なし、
バランス感覚なし
にも関わらず、
大学生になってから、
本格的に乗馬スタート。



はまる。



結婚後、
ダンナをそそのかして、
イギリスに就職させる。

そして、
自分は乗馬学校の門をたたく。


いかんせん、
馬全体に関して、

経験が足りないことを痛感し、

すこしでも、
馬といる時間を増やすために、

乗馬学校に入り浸る。
(無料ヘルパー状態に)



程なく、
乗馬学校でお仕事の
オファーを受け、
留学カウンセラーとの
2足のわらじを履いて、
働きながら、

トレーニングを受け、

英国乗馬学校協会(ABRS)の
Preliminary Horse Care and Riding Level 1& 2
を取得。


英国馬術協会(BHS)
Care and Riding Level 1&2
を取得。



現在は、
乗馬学校はやめ、
翻訳会社ではたらきながら
17歳の愛馬とともに、
日々精進中です。

おなじ乗馬愛好者さんが
イギリスで乗馬する
お手伝いをしたいとおもって
このブログ作りました。

私が予約代行する場合は
お一人様1件1鞍につき手配料30ポンドから。
グループや長期の場合は
手配料込の価格をご案内いたします。
ご相談下さい。

馬関係のご相談は無料で
ウエルカムです!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる