FC2ブログ

イギリス乗馬倶楽部:パリ分班:パリ郊外外乗!!



パリ分班 デビュー!!!

今まで、パリでの乗馬を希望する皆様を
情報不足にてお断り続けていたのですが、
このたび、ご縁がつながりまして、
パリ郊外での外乗をご案内できるようになりました。

場所はみなパリから1時間圏内の公園内です。

1) Parc du Château de Versailles
ベルサイユ宮殿の庭園内を、
過去の王族・貴族のように馬で闊歩しちゃいます。

グランカナルから、宮殿を望む・・・・・・・・
velsai.jpg

velsai2.jpg

宮殿小さい?
velsai3.jpg

庭園が広すぎなんです!
velsai4.jpg

velsai5.jpg

velsai6.jpg

宮殿見学と一緒にアレンジすることも可能です。

2) Bois de Boulogne
パリ市内にもっとも近い森林公園・ブローニュの森。
セーヌ川広大な敷地内には、
全仏オープンのスタッド・ローラン・ギャロスや、
凱旋門賞で有名なロンシャン競馬場があります。

hitc_boulogne.jpg

hitc_boulogne3.jpg



3) Domaine national de Saint-Cloud
サン=クルー公園。
ブローニュの森と隣接するこの公園は、
パリ市民の憩いの場。斜面にあるため、
パリを上から眺める感じになります。

stcloud2.jpg

stcloud3.jpg

stcloud4.jpg





4) Parc naturel régional de la Haute Vallée de Chevreuse
パリの裏庭とも呼ばれる
オート・ヴァレ・ド・シュヴルーズ地域圏自然公園は、
今回ご紹介するなかで、もっとも遠方でありながらも、
遠くに見えるラ・マドレーヌ城、牧歌的な風景など、
ドライブがてら行かれてよいかも。

longname1.jpg

longname2.jpg

longname3.jpg

longname4.jpg


コース内容は、午前・午後からの2時間外乗。
英語をしゃべるバティストさんが添乗します。。。。

そして、騎乗後は、ワインとチーズで、ピクニックです!

picnic.jpg


青い空、かわいい馬、ワイン、そして、チーズ。。。。。。
これぞ、フランス外乗の醍醐味!

バティストさんはポロ馬の調教をメインに行っていますので、
ポロレッスン、サイドサドルレッスン、
レースホース体験(800メートルギャロップ)なども
アレンジしています。

上記4箇所での外乗は、まったくの初めての方でない限りは、
どなたでもご体験いただけます。

この施設について、もっとお知りになりたい場合は、
フェイスブックか、右のフォームよりお問い合わせください。
お待ちしています。

ランキングに参加しています。
うん、この情報役に立った!
というかたはぜひ1ポチお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

リッチモンドパークで外乗!


小春日和の11月某日。

イギリス乗馬倶楽部は、
タランド滞在を終了後、語学学校に戻っていたYさんを誘って
ロンドン郊外の乗馬センターに赴きました。

スペイン人オーナーのせいか、
コロニアル調のヤード。
馬は大小様々。
th_IMG_7442.jpg


このセンターではまず外乗できるレベルであるかの
アセスメントがあります。

みな無事にアセスメントをパスし、
みんなでいざゆかん。

騎乗するのはシャドウ君、トッド君、マイロー君。

th_IMG_7450.jpg


今回は1時間半の、リッチモンドパークを堪能できるコース。

センターをでて、少しだけ住宅街をぬけると
すぐにリッチモンドパークの門です。
th_IMG_0625.jpg


公園内は車道もありますが、
馬道も整備されていますので、
とっても安全安心。

th_IMG_0640.jpg

シティセンターから30分圏内とは思えない風景が広がります。
th_IMG_0646.jpg

th_IMG_0657.jpg

th_IMG_0664.jpg

ペンポンドのほとりもぐるっとまわります。
th_IMG_0668.jpg

th_IMG_0671.jpg

速歩、駆歩おりまぜて、
景色を楽しみます。

公園内には鹿が沢山いて、
馬がちょっと驚いて爆走したりしたけれども、
それはそれで、とっても楽しい外乗経験。

ロンドン市内から電車と歩きだけで行き着ける
この施設は、短期ロンドン旅行中の馬乗りさんにお勧め。

もちろん、外乗だけでなく、
通常のレッスンもあります。

この日は、通訳レッスンも行いました。
th_IMG_7490.jpg


この施設については下記記事もご参照下さい。
訪問記
もっと知りたい方は
ぜひメールフォームからお問い合わせください。

ランキングに参加しています。
うん、この情報役に立った!
というかたはぜひ1ポチお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村



ウエールズトレッキング

ミッドウエールズのトレッキングをご案内します。

logo.gif


2014年の今年、創立25年目を迎えるセンターは
本で有名な街ヘイオンワイ(Hay-on-Wye)から
車で10分のワイ渓谷の中。

このトレッキングセンターには小ぶりの馬が30頭強います。

th_riding-holidays-photo.jpg


ガイド付きのトレッキングと、自分で地図を読みながらいく、
セルフのトレッキング2種類を提供。

th_1653728_616096441811033_3842224579100804080_n.jpg


ここのトレッキングは
最寄りのパブまでいく1泊2日のトレッキングから
ウエールズを横断して海まででる1週間のトレッキングなど
長さも見どころも沢山、
どの場合も同じルートを通らずに回ることができます。

宿泊はカントリーパブや、ファーム。
お昼はパブか、ピクニックです。

th_accom-roastoxinn.jpg

トレッキングの相棒は、ずっと同じ馬で、
馬達も宿泊場所近くの泊まり、
騎乗後の夕飼つけや、
朝のブラッシング、馬装なども
自分で行います。

th_horses2.jpg

視界360度に広がるウエールズの丘陵を
ポテポテと馬の背から堪能できます。

th_factfile.jpg

ベースの近くには、
こんな古風なホテルもあり、
雰囲気は抜群。

th_baskymain-title-640.jpg

名前の通り、
サー・アーサー・コナン・ドイルが
何度も滞在したお屋敷です。

th_reception-640.jpg


ここで、バスカビルの犬の伝説を聞き、
ストーリーを思いついたと言われています。
ただ、友人でもある館の主人が
観光客が集まるのを嫌がった為に
舞台設定を遠くのデボンに移したとの逸話があります。


こちらのトレッキングは、
イギリス乗馬倶楽部が同行可能です。

こちらのトレッキングは4月から10月までです。

夏のウエールズトレッキングについては、
右のメールフォームからお問い合わせください。

ランキングに参加しています。
うん、この情報役に立った!
というかたはぜひ1ポチお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村





テーマ: - ジャンル:海外情報

<上級者向け>コッツウォルドの丘陵を馬で走る!

コッツォルドの景観を満喫できる
外乗施設があります。

あまり観光地化されていない、
小さな村にあります。


コッツォルドの特徴である蜂蜜色のコッテージが並びます。
th_IMG_2988.jpg

th_IMG_2995.jpg

施設入口。
clobber_outside_thumb.jpg

小さいながらも、一通りのものがそろったお店も併設しています。
th_IMG_3004.jpg

ここの外乗は、プロテクターの着用が必要です。
(貸してくれますので、ご持参していただく必要はありません)
th_IMG_3000.jpg

いよいよ、外乗スタートです。
th_IMG_3006.jpg

村の中を馬でぬけていきます。
th_IMG_3036.jpg
th_IMG_3033.jpg


丘をポテポテのぼります。
th_IMG_3009.jpg

そして、斜面を駆け上がります!
th_IMG_3013.jpg


そして、コッツォルドの丘陵をご堪能ください!
th_IMG_3014.jpg

斜面だけでなく、畑や、林道なども爆走します。

林道は、くねくねと左右にゆれるだけでなく
アップダウンもあり、スリル満点です。

ちょっと疲れた帰り道。。。
th_IMG_3039.jpg



村の中には、イギリス情緒あふれる
素敵なB&Bがあります。
th_IMG_2994.jpg

疲れた体をこちらのB&Bで休めてはいかかでしょう。
the-vine.jpg


夕食は、丘の上の絶景が楽しめるパブで。
th_IMG_2991.jpg

20130411192857_Stanton_roof_tops_(2)_(640x478).jpg


上級者向けと記載しましたが、
レッスンは各レベルに合わせて用意可能です。

コッツォルドをゆっくり馬で楽しむためには
こちらで1~2泊をおすすめします。

外乗(もちろん、レッスンも)、B&B宿泊、パブでの夕食等、
すべて手配可能です。
ぜひ右のメールフォームからお問い合わせください。

ランキングに参加しています。
うん、この情報役に立った!
というかたはぜひ1ポチお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

テーマ: - ジャンル:海外情報

特別企画:春のウエールズ・トレッキング1泊2日 同行します。

3月にも入り、春らしくなってきました。

イギリス乗馬から、特別企画のご案内です。

4月5~6日
1泊2日のウエールズのトレッキング。
ガイド付き。
イギリス乗馬クラブも同行します。




1日あたり5~6時間のトレッキング、
宿泊はカントリーパブになります。

riding-holidays-photo-exp.jpg

費用は400ポンド(+パブでの昼食費+夕食費)
(シングルルームご希望の場合は+10ポンド)

イギリス乗馬倶楽部はケンブリッジから出発しますので、
ケンブリッジからの合流も可能(+50ポンド)

駆歩経験者、外乗経験者のみになります。

まずは、右の問い合わせフォームから、
お問い合わせください。


テーマ: - ジャンル:海外情報

<お知らせ>
頂いたお問い合わせには必ず返信していますが、もし返信が届かない場合は、迷惑メールフォルダもご確認下さい。フェイスブックアカウントをお持ちの場合は、そちらかメッセージいたければ、確実です。
アクセスカウンター
facebookあります。
プロフィール

ukridingclub

Author:ukridingclub

小さい頃にのった
馬の感覚が忘れられず、

運動神経ゼロ、
リズム感なし、
バランス感覚なし
にも関わらず、
大学生になってから、
本格的に乗馬スタート。



はまる。



結婚後、
ダンナをそそのかして、
イギリスに就職させる。

そして、
自分は乗馬学校の門をたたく。


いかんせん、
馬全体に関して、

経験が足りないことを痛感し、

すこしでも、
馬といる時間を増やすために、

乗馬学校に入り浸る。
(無料ヘルパー状態に)



程なく、
乗馬学校でお仕事の
オファーを受け、
留学カウンセラーとの
2足のわらじを履いて、
働きながら、

トレーニングを受け、

英国乗馬学校協会(ABRS)の
Preliminary Horse Care and Riding Level 1& 2
を取得。


英国馬術協会(BHS)
Care and Riding Level 1&2
を取得。



現在は、
乗馬学校はやめ、
翻訳会社ではたらきながら
17歳の愛馬とともに、
日々精進中です。

おなじ乗馬愛好者さんが
イギリスで乗馬する
お手伝いをしたいとおもって
このブログ作りました。

私が予約代行する場合は
お一人様1件1鞍につき手配料30ポンドから。
グループや長期の場合は
手配料込の価格をご案内いたします。
ご相談下さい。

馬関係のご相談は無料で
ウエルカムです!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる