FC2ブログ

体験談:馬漬けの生活 7月27日〜9月20日

タランドの体験談が続きますが、
この夏8週を過ごした元気なYさんから
体験談をいただきました。
Yさんは語学留学中でしたが、
学校が混み合う時期をさけ、
タランドに入られました。

充実した時をすごされたようです。

全文を以下に掲載します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私はこの夏、イギリスにあるTalland School of Equitationで8週間、
馬に囲まれた生活を送りました。
とても充実した日々を過ごすことが出来ました。
どんな毎日だったのか少し紹介させて下さい。

th_10613054_696008393819837_8599322534393079250_n.jpg


私はレッスン以外の馬の事も知りたかったこと、プラス金銭的な面も考慮し、
週5日自分のレッスン時間以外の時間は厩舎で働くコースを選びました。
日本では乗馬クラブに約2年・週に1.2回通うと言う程度で、
厩舎作業もほとんどしたことがなかったので、
ここでの作業は初めての連続でした。

仕事は朝6時半にスタート。
厩舎に集合し、まずは厩舎にいるウマ達へ飼い付け。
そして馬房掃除班と、放牧されている馬を掴まえに行く班の2手に分かれます。
私は放牧班に入っていることが多かったのですが、
この時間が私の一番好きな時間でした。

th_10647140_696021233818553_8453633148888613101_n.jpg

広大な放牧地に、幻想的な朝霧。のびのび過ごしている馬達。
周りに見えるのはどこまでも続くイギリスの田舎風景。
まさに私の理想の地でした。
放牧地から厩舎へ、1人で同時に3〜4頭連れて行きます。
今まで引き馬は1頭、しかも短い距離しかしたことがなかのったので、
初日に3頭任された時は本当にドキドキしました(笑)
8週後には3頭だと少し楽に感じれるまでに成長できました。

th_10645255_696007567153253_7871640341146939588_n.jpg

当日レッスンのある馬を全頭連れてきて、
裏ほりが終る頃には馬房掃除も終了。
お客さんが乗る馬と自分のレッスンの馬装が済んだら朝食です。
その後は自分のレッスンとレクチャー以外の時間に、
お客さんのレッスンに合わせて馬装、
馬房・厩舎・つなぎ場・タックルームetcの掃除、道具の手入れ、
飼い付けその他いろいろ。

th_10653325_696008767153133_2079959756341425101_n.jpg

夕方にはブラッシング、放牧地で夜を過ごす
馬達の放牧、掃除、片づけをして、だいたい6時に終了です。
すでに空腹のため、直ぐに夕食。
夜のレッスンがある時は、食堂が覆い馬場の脇なので、
レッスンを見ながら食べました。
沢山動いたからと言い訳しながら、
3食+おやつ+デザート…沢山食べた日々でした。

仕事終了後は自由時間なんですが、コモンルームで
みんなでDVDをみたりゲームをしたり。
夏休みで10代の子が多かった時に馬場でプチ運動会があったり。
週末の夜にはパブにいったり、街に繰り出したり。
1人で部屋にいたくない人も寂しい思いをしないと思います。
もちろん自由参加なので部屋でのんびりしたい人は部屋でのんびり出来ます。
私はだいたい部屋でのんびり、時々参加していました。

レッスンはマンツーマンだったり、8人のグループだったり。
調馬索・フラットワーク・バランス重視・馬場・障害レッスンだったりと
さまざま。

th_10636151_696019680485375_8036712209020227543_n.jpg

私は日本では障害を飛んだ事がなかったので大興奮しました(笑) 
基礎・ポジションをしっかり!だけど難しい事にも挑戦!
そんなレッスンでした。
もちろんレベルに合ったレッスンを受けられます。

th_10645006_696019393818737_51319417537730888_n.jpg


こんな機会ももうないのでは?と思い、
サイドサドルのレッスンも受けました。
あの状態で障害を飛ぶとは、一流のレディーは凄すぎます。

まだまだ楽しかった事があるのですが書ききれません。
私のいまいちな英語力に嫌な顔せず、何度も教えてくれた素敵で
楽しいスタッフの皆さんと先生達。
そして手配など何から何まで協力してくださったイギリス乗馬倶楽部さんに
感謝してもしきれません。ありがとうございました。

来年の夏、蒸し暑い日本を飛び出し、イギリスのタランドで
馬漬けの生活を送って見ませんか?お勧めです!
希望すれば英語のレッスンもあるので、学生さんもぜひ!
私のようなビギナークラスから本気で極めたい人まで
(アジア大会3位の台湾の選手の1人も大会前まで此処にいました)。
気になったからはイギリス乗馬倶楽部さんまでお問い合わせ下さい。

最後にもう一度。イギリス乗馬倶楽部さん、出会った全ての方々へ。
こんなに素晴らし経験をさせていただき、本当にありがとうございました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

YさんはBHS Stage1にも挑戦。
見事合格されました!!


ランキングに参加しています。
うん、この情報役に立った!
というかたはぜひ1ポチお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

1年の馬留学Sさんの感想。

2013年4月から大学を一年休学して、
馬留学を決めたSさん。

ビザや、滞在先、費用、プランなどの相談をうけ、
まずはロンドンで半年でBHS stage1を取得、
その後はサイレンセスターのTalland school of Equitationで、
BHS stage2の取得に挑むプランで留学をご案内しました。

感想を掲載します。


TRENT PARK

私がイギリスに行って最初に馬に乗ったのがここ、Trent park。
ここは、ロンドンの中心地から、Tubeに乗って約40分位の少し田舎。
馬は約130頭くらいいるらしく、初心者から上級者までレッスン可能です。
馬場、障害、クロスカントリー、そして、一番のポイントはロンドンなのに、
外乗が出来る。これは最高です。
トレントパークは、広大な土地を持っているので、森の中を馬と常足で、
のんびり出来たり、速足、駆け足ももちろん!
ここには、インストラクターになるために働いている生徒がいます。
私より若い子や、同世代の子がいて、凄く楽しかったです。
私の場合、日中は学校がロンドンの中心部にあったので、レッスンは放課後行ってました。
個人レッスンを受けて、時には馬場、時には障害という風に、自分でアレンジ出来ます。
料金は先生のレベル、やること(馬場か障害)によって異なります。
そのほかにも、様々なイベントや日本では出来ないことが体験できます。
ロンドンに行った時には、是非!!

Trent Parkのブログ記事はこちら

TALLAND SCHOOL OF EQUITATION

Trent park に行った後、日本人観光客にも人気のオックスフォードの近く
コッツウォルズにあるTalland schoolでレッスンを受けました。

コッツウォルズでしか味わえない美しい自然などに囲まれた、
馬にも人にも素晴らしい場所です。
もちろん、一日からのレッスンも可能ですが、寮も併設されています。
何週間かのレッスンをアレンジして、寮での宿泊が可能です。
馬場・障害・クロスカントリー・外乗のレッスンがレベルに合わせて、受けられます。
ここTallandでもインストラクターになりたい若い人たちが、
寮に住み込みでレッスンを受けたり、
レッスンをしながら、朝から夜まで馬の世話をしています。
Tallandの魅力は、世界からトップライダーが集まり、
ここでトレーニングしていること。
毎日のように、刺激を受けることができます。
環境は、日本では考えられないくらいに広いフィールドが、
辺り一面に広がっています。
私の場合、寮に住み込みをし、
朝から夜まで馬の世話をしていました。
同じ世代の子たちが寮に住んでいたので、
毎日が楽しかったですが、
日中の作業やレッスンがきつかったです。
しかし、今ではいい経験だったな、と思っています。
寮には、住み込みのシェフがいて、おいしい料理を作ってくれます。
ここでトレーニング出来たことにとって、私は多くのことを体験・経験できました。
多くの刺激を受け、素晴らしい人・馬に出会えて、とても良かったと思っています。

Talland School of Equitationのブログ記事はこちら。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余談ですが、滞英中
何度かSさんとお会いする機会がありました。
一緒に馬イベントに同行したり、
日本食を食べてに来てもらったり。
馬だけでなく、それはもう楽しそうに
ロンドン生活もエンジョイしていました。

さらに、何回かイギリス乗馬の馬の世話を手伝って
もらう機会もありましたが、
最初は何から何まで指示出しする必要がありましたが、
Talland後は、「馬房掃除お願いね」というだけで、
完璧にこなせるようになり、Tallandの仕込みに嬉しくなりました。

Sさん、素敵な馬人になってね!


Tally Ho 体験談。

短期でイギリス訪問中の方に大人気

Tally Ho Stablesの
ウィンザー・グレート・パーク内2時間外乗。

体験された方々からのお言葉をご案内します。

------------------------------------
2014年1月の0様

残念ながら、当日は雨時々晴れでした。
雨に濡れ、寒さに震え、ジェニファーさんにも馬たちにも寒い思いをさせて
しまいました…
特に道が非常にぬかるんでいたので、馬たち嫌だっただろうなぁと
思います。
白い毛が土でどろどろになってしまっていました…

雨が降り、寒い中でしたが、遠くウィンザー城も見え、虹も出たりして、
私自身はすばらしい体験が出来たととても喜んでいます。
ただ思った以上に馬に乗るのに必死で、写真どころではなかったのが
とても残念です…
すみません。お送りできる写真が…ないのです…

また今度、今度は春から秋にかけて、暖かい時に再チャレンジしたいと
思っております。


今回、本当に素晴らしい場所をご紹介くださり、有難うございました。




テーマ: - ジャンル:海外情報

Talland School of Equitation滞在記

涼しいというより
ちょと肌寒い位になってきた10月半ば。。。
バイタリティと好奇心にあふれた女性が、
どっぷり馬生活してみたいということで、
タランドにご滞在いただきました。

体験レポート&沢山の写真をシェアして頂きました。


彡^・∋ ~~~~~~~~~~~~~~~~ ∈・^ミ


夏の終わりのバーリー観戦に参加させて頂いたご縁で、
本場イギリスで乗馬をしてみたい!と言うことで、
コツウォルズ サイレンセスターからちょっと行った所にある
Tallandへ6日間行ってきました!

th_602763_620311234687808_979114416_n.jpg

とても広大な敷地に広い屋内練習場もあって、
周りにはお店etc何もないけど(笑)
馬には最高の環境と思いました。

th_1383097_620309858021279_526961968_n.jpg


宿泊施設は合宿所という感じで3食付きです。
私は肉が食べれないのですが、
イギリス乗馬さんが伝えておいて下さったお陰で
ベジタリアン食が出て来てとっても助かりました!
食堂のおじさんもとっても良い方で覚えてくださり
サッと出してくれてました!
感謝!

昨年春に乗馬を始めたばかりの
超初心者&10ヶ月ぶりに乗ったので
最初はかなりビビってましたが、
インストラクターのレベッカさんが、
無理せず でもちょっと頑張るってペースでやってくれたので、
多少緊張しながらも楽しく乗せて貰いました。
英語も、解らなかったら解る様に言い直すから言ってね、
世界中から色んな人が来てて言葉が解らない人も
珍しくないから大丈夫!と言ってくれて、
ホッとしたのを覚えています(^^;;

th_1383097_620309861354612_1793801794_n.jpg

ムチの使い方、スピードのコントロール、足の使い方etc
初めての事もたくさん教えて貰ったり経験させて貰いました。

特に敷地内をウォーキングとトロットで散歩?した時は
メチャメチャ爽快で気持ちよかったです!
あと、最後に障害の低ーいバーを飛ぶ?跨ぐ?練習をしたのですが、
これがもっと高くなったやつがジャンピングかぁーと、何だか感激でした!
ここで教えて貰った事を早く日本で練習して自分のものにしたいです!
そして、イギリス乗馬さんのご縁で知り合った皆さんと
再びイギリスの地で再会し、外乗に行けたら素敵!
夢は膨らむばかりです♪

もう少し上手に乗れるようになってから行った方が
もっと身になったんじゃないかと思いましたが、
いえいえ、訳わからずの初心者でこんな本格的な所で経験出来たことが
貴重な経験だと今は心の底から思っています。
イギリス乗馬さんと知り合えたからこそ出来た今回の体験。
本当にありがとうございました!
そして今後とも宜しくお願いします!
イギリスで乗馬をするなら絶対にイギリス乗馬さんに
相談されること間違いなし!
あー、早く日本の馬友達に話したいです(笑)

th_1457657_638695562849375_661432840_n.jpg

th_1383097_620309868021278_2108294104_n.jpg

th_1383097_620309864687945_510353555_n.jpg

th_999629_638685389517059_1710152642_n.jpg

th_999629_638685379517060_926924655_n.jpg

th_602763_620311238021141_163803412_n.jpg




彡^・∋ ~~~~~~~~~~~~~~~~ ∈・^ミ

タランドについては
下記の記事もぜひご覧下さい。
http://ukridingclub.blog.fc2.com/blog-entry-20.html
ジュニアコースのみでなく、
アダルトコースも充実しています。


この施設について、もっとお知りになりたい方は
ぜひメールフォームからお問い合わせください。

ランキングに参加しています。
うん、この情報役に立った!
というかたはぜひ1ポチお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村


テーマ: - ジャンル:海外情報

Cumbrian Heavy Horses 体験談・感想

2013年7月の下旬、Oさんご夫婦の
湖水地方のCumbrian Heavy Horsesで
ビーチ外乗の素敵なお写真と、感想をお寄せいただきました。

Cumbrian Heavy Horsesは
ウインドメアから車で40分位離れたところにある
外乗センターで、
馬はみな、バドワイザーのCMでお馴染の
クライスデール種とシャイアー種の重種馬です。

ビーチでの大爆走外乗のほかにも、高地外乗や、
5日間かけてトレッキングするGreat Migration(大移動)などもあります。



CHH1.jpg
ドーン!
CHH3.jpg
バーン!
CHH4.jpg
ジャジャーン!
CHH5.jpg
ジャブジャブ!

CHH、凄く良かったです!!
海岸も素晴らしいロケーションだったし、
クライスデールも大好きになりました。
爆走するのは元々好きですが、
とにかく安定感があって、楽しかったー♪
オーナーさんも、他のクラブの人たちがポニーで
ポコポコ歩いてるのを見て、
あんなので楽しいのかしらって言ってたけれど、
やっぱり大きい馬って良いですね♪ 
それでいて反応も悪い訳ではないし。
以前アラブで爆走した以来の感激でした。
湖水地方は中々行ける場所ではないですが、
出来る事ならもう一度行ってみたい。
そんなビーチライドでした。
イギリス乗馬倶楽部さんのお陰で、すごく楽しかったです!! 
本当にありがとうございました。


*プライバシー保護のため、一部改編しております。


湖水地方での重種馬での外乗について、
もっと知りたい方は
ぜひメールフォームからお問い合わせください。


ランキングに参加しています。
うん、この情報役に立った!
というかたはぜひ1ポチお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

テーマ: - ジャンル:海外情報

<お知らせ>
頂いたお問い合わせには必ず返信していますが、もし返信が届かない場合は、迷惑メールフォルダもご確認下さい。フェイスブックアカウントをお持ちの場合は、そちらかメッセージいたければ、確実です。
アクセスカウンター
facebookあります。
プロフィール

ukridingclub

Author:ukridingclub

小さい頃にのった
馬の感覚が忘れられず、

運動神経ゼロ、
リズム感なし、
バランス感覚なし
にも関わらず、
大学生になってから、
本格的に乗馬スタート。



はまる。



結婚後、
ダンナをそそのかして、
イギリスに就職させる。

そして、
自分は乗馬学校の門をたたく。


いかんせん、
馬全体に関して、

経験が足りないことを痛感し、

すこしでも、
馬といる時間を増やすために、

乗馬学校に入り浸る。
(無料ヘルパー状態に)



程なく、
乗馬学校でお仕事の
オファーを受け、
留学カウンセラーとの
2足のわらじを履いて、
働きながら、

トレーニングを受け、

英国乗馬学校協会(ABRS)の
Preliminary Horse Care and Riding Level 1& 2
を取得。


英国馬術協会(BHS)
Care and Riding Level 1&2
を取得。



現在は、
乗馬学校はやめ、
翻訳会社ではたらきながら
17歳の愛馬とともに、
日々精進中です。

おなじ乗馬愛好者さんが
イギリスで乗馬する
お手伝いをしたいとおもって
このブログ作りました。

私が予約代行する場合は
お一人様1件1鞍につき手配料30ポンドから。
グループや長期の場合は
手配料込の価格をご案内いたします。
ご相談下さい。

馬関係のご相談は無料で
ウエルカムです!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる