FC2ブログ

2019年11月フィオナ・ジョンストン日本クリニックのご案内




前回(2018年11月)から約1年ぶりとなりますが、
再びフィオナ・ジョンストンを連れて日本に帰ります。

FionaClinic1.jpg




滞在期間
2019年11月7日~11月20日

ありがたいことに、今回は2か所で3日間もクリニックを開催できることになりました。

日本乗馬倶楽部様
埼玉県所沢市三芳町
11月10日(日) 会員様対象クリニック
11月11日(月) 会員様対象クリニック
11月12日(火) スタッフ様(非公開)

FionaClinic2.jpg


コルザホースクラブ様
千葉県八街市
11月15日(金) メンバー様クリニック
11月16日(土) メンバー様クリニック
11月17日(日) メンバー様クリニック

FionaClinic3.jpg

他にもまだ空いている日がありますので、
ご自分の倶楽部、ご自分の馬でレッスン等ご希望でしたら、
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせメールアドレス:Igirisu.Joba.Club@☆
(☆をgmail.comに替えてください)

Va Va voom2
<<フィオナ・ジョンストン略歴>>
スコットランドのトレーニング施設/乗馬学校経営者の次女に生まれる。
幼少時より母を手伝い、馬の育成とプロデュースにかかわる。
10歳の時、家族でイングランドに移住。14歳から他のオーナーの自馬のトレーニングを始める。
16歳の義務教育修了後から、馬の調教、競技参加を生業とし始める。20代の頃には、
スペイン乗馬学校出身の世界クラスのトレーナー、John Lassetter氏のもとで約2年にわたり研修し、
馬場馬術馬のグランプリレベルまでの調教に携わる。
その後、デンマークで、ヤングライダーGB馬場馬術チームのトレーナーであった
Hans Erik Pederson氏のもとで1年間の研修を経て、ヨーテボリのW杯に出場したス
ウェーデンのLone Kroman女史のヤードのセカンドライダーを務める。
その後、イギリスに戻り、Lars Hedin氏の元で競技ライダーを務める。
30代後半からは、フリーランスとして多くのオーナーの自馬に乗り、ヒックステッドやウエンブリー(HOYSの前身)、
カウンティショーの障害飛越競技に参加しつつ、自らは3歳馬、4歳馬からの馬のプロデュースを始める。
近年では、Joe Clayton選手の元に行ったSaveur号(障害飛越)、ヨーロッパ選手権のヤングライダーズ部門で
イギリスの代表となったCharotte Smet選手に貸与したWeitske II号(障害飛越)などを育成。
今現在も馬のプロデュースをしながら、フリーランスでレッスンを教えている。
彼女がプロデュースした馬は、柔らかい口としなやかな背中、素直な性格を持つことで定評がある。



スポンサーサイト



Fiona Johnstone 日本クリニック 11月9日~20日<第3回目>


馬のプロデューサーでもあり、
イギリス乗馬倶楽部で応援している
障害飛越選手のフィオナを連れての日本ツアー
ご好評いただきまして、ありがたいことに
第3回目も開催できることになりました。

11月9日(金曜日)~11月21日(水曜日)まで、
また日本にお邪魔します。

一部決定している日程は以下の通りです。

11月10日(日曜日) 埼玉県の日本乗馬倶楽部様にて馬物直販会
11月12日(月曜日) 日本乗馬倶楽部様 クリニック
11月13日(火曜日) 日本乗馬倶楽部様 クリニック(非公開)

11月14日(水曜日) フリーダムライディングクラブ様定例会参加(一個人として)
定例会の詳細はこちら

11月16日(金曜日)~18日(日曜日) 千葉県八街市のコルザホースクラブ様にてクリニック
土曜日には実際にイギリスのRDAに関わる者から見た視点での
RDAについてのプレゼンをさせていただきます。

11月19日(月曜日)千葉斎藤乗馬苑・個人レッスン

イギリス乗馬倶楽部はどんな人がやっているのだろう?
ちょっと会ってみたい!という方は、ぜひご連絡ください。
ご希望が多い場合は、どこかで交流会・お茶会など開催できたらとも思っております。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせメールアドレス:Igirisu.Joba.Club@☆
(☆をgmail.comに替えてください)
新しい出会い、懐かしい出会い、楽しみにしております。

フィオナの略歴については、こちらの記事をご参照ください。

IMG_0012.jpg
<2017年11月 千葉県八街市のコルザホースクラブさまでのクリニックの1コマ>
IMG_0840.jpg IMG_0849.jpg
<2018年3月は日本乗馬倶楽部さまで非公開クリニックを開催させていただきました>
IMG_0868.jpg
<2018年3月の個人のお申込みの方のレッスン風景>

Mt Fuji Sakura.jpg
<前回は、桜にも恵まれ、富士山も堪能、楽しい日本でした!もちろん、仕事もしましたよ!>





テーマ: - ジャンル:海外情報

Fiona Johnstone 日本クリニック 11月16日〜30日


イギリス乗馬のブログやフェイスブックの投稿にちょこちょこっと
登場しているフィオナ・ジョンストンは、馬のプロデューサーである。
<略歴はこの記事下部に掲載>

Va Va voom2

彼女が調教した馬に跨がらせてもらい、
その口の柔らかさ、背中のしなやかさに感動した我々は
3年ぐらい前から、倶楽部として彼女を応援し続けています。

嬉しいことに、今年は色々なご縁がつながりまして、
念願だった、フィオナを連れての日本行きが決まりました。
馬が繋ぐご縁に本当に感謝します。

11月16日(木)〜11月29日(水)

11月18日(土)〜19日(日)は千葉県八街市の
コルザホースクラブ様で
コルザカップのお手伝い。
11月23日(木)〜26日(日)も千葉県八街市の
コルザホースクラブ様で、
会員様の馬の調教およびレッスンを
行っている予定です。

イギリス乗馬倶楽部はどんな人がやっているのだろう?
ちょっと会って見たい!という方は、
ぜひコルザカップにお越しください。
コルザホースクラブ様のホームページはこちらです。
また、目立つジャージを着て(赤、青、緑の単色三人組)
うろついていますので、見かけましたら、
お気軽にお声かけていただけると嬉しいです。

他にもまだ空いている日がありますので、
ご自分の倶楽部、ご自分の馬でレッスン等ご希望でしたら、
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせメールアドレス:Igirisu.Joba.Club@☆
(☆をgmail.comに替えてください)

<<フィオナ・ジョンストン略歴>>
スコットランドのトレーニング施設/乗馬学校経営者の次女に生まれる。幼少時より母を手伝い、馬の育成とプロデュースにかかわる。10歳の時、家族でイングランドに移住。14歳から他のオーナーの自馬のトレーニングを始める。16歳の義務教育修了後から、馬の調教、競技参加を生業とし始める。20代の頃には、スペイン乗馬学校出身の世界クラスのトレーナー、John Lassetter氏のもとで約2年にわたり研修し、馬場馬術馬のグランプリレベルまでの調教に携わる。その後、デンマークで、ヤングライダーGB馬場馬術チームのトレーナーであったHans Erik Pederson氏のもとで1年間の研修を経て、ヨーテボリのW杯に出場したスウェーデンのLone Kroman女史のヤードのセカンドライダーを務める。その後、イギリスに戻り、Lars Hedin氏の元で競技ライダーを務める。30代後半からは、フリーランスとして多くのオーナーの自馬に乗り、ヒックステッドやウエンブリー(HOYSの前身)、カウンティショーの障害飛越競技に参加しつつ、自らは3歳馬、4歳馬からの馬のプロデュースを始める。近年では、Joe Clayton選手の元に行ったSaveur号(障害飛越)、ヨーロッパ選手権のヤングライダーズ部門でイギリスの代表となったCharotte Smet選手に貸与したWeitske II号(障害飛越)などを育成。今現在も馬のプロデュースをしながら、フリーランスでレッスンを教えている。彼女がプロデュースした馬は、柔らかい口としなやかな背中、素直な性格を持つことで定評がある。

Uleko2.jpg

Welsh_Masters_Pocket2.jpg

Pocketcharottetrimmed.jpg

テーマ: - ジャンル:海外情報

2016年、イギリス 馬イベントご案内

もう3月ですが、
ようやっと年間イベントをまとめました。

ちょうどよいタイミングで渡英される方は
ぜひスケジュールに組み込まれてみてはいかかでしょうか。

期間イベントタイプ場所
3月15日~18日チェルトナム・フェスティバル競馬(障害)チェルトナム
3月30日~4月3日 ブルーチップ・チャンピオンシップSJハーピュリー・カレッジ
4月7日~9日グランナショナル競馬(障害)リバプール
4月6日~10日ウインタードレッサージュチャンピオンシップドレッサージュハーピュリー・カレッジ
4月30日~5月1日ギニー(1000&2000)競馬(フラット)ニューマーケット
5月4日~8日バドミントンホーストライアルイベンティンググロスター
5月11日~15日ロイヤルウインザーホースショーショーイング/SJ/ドレッサージュ/エンジュランス/ドライビングウインザー
5月13日~15日チャットワースホーストライアルイベンティングダービシャー
5月26日~29日ホートンインターナショナルホーストライアルイベンティングノーフォーク
6月3日~5日ポロ・イン・ザ・パークポロロンドン
6月4日~5日ダービーミーティング競馬(フラット)
エプソム
6月9日~12日ブラムハムホーストライアルイベンティングノースヨークシャー
6月14日~18日ロイヤルアスコット競馬(フラット)アスコット
6月16日~19日ボールスワースCSI***SJチェスター
6月23日~26日ヒックステッドダービーミーティングSJ ヒックステッド
6月30日 クラシカルライディングクラブ21周年記念
ドレッサージュイベント
ドレッサージュ キーソー
7月7日~10日バーベリーホーストライアルイベンティングウイルトシャー
7月26日~31日ロイヤルインターナショナルホースショーショーイング/SJヒックステッド
8月5日~7日フェステバルオブブリティッシュイベンティングイベンティングガッツコム
8月6日 エンジュランスGBナショナルチャンピオンシップエンジュランスキーソー
8月9日~14日ブリティッシュショージャンピングナショナルチャンピオンシップSJストーンリー
8月21日~28日Scope SJフェステバルSJスタッフォードシャー
9月1日~4日バーリーホーストライアルイベンティングスタンフォード
9月8日~11日ブレナムパレスホーストライアルイベンティングブレナムパレス
 9月9日~11日 ナショナルドライビングチャンピオンシップドライビングサイレンセスター
9月15日~18日ナショナルドレッサージュチャンピオンシップドレッサージュストーンリー
10月5日~9日ホースオブザイヤーショーショーイング/SJバーミンガム
10月21日~23日ヴォルティングチャンピオンシップ ヴォルティングラグビー
12月13日~19日オリンピアドレッサージュ/SJロンドン
12月26日キングジョージVI スティープルチェイス競馬(障害)ケンプトン


チケットの手配等、ご興味のあるかたは、是非お問い合わせください。
数名のご希望が重なれば、イギリス乗馬も帯同します。


ランキングに参加しています。
うん、この情報役に立った!
というかたはぜひ1ポチお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

                  
         


   

Trooping The Colour


毎年、女王陛下の公式バースデーに合わせて行われるTrooping The Colour.

TroopingColor のコピー


これは、女王陛下が直属の部隊Household Divisionと
選ばれた部隊を閲覧します。
今年は、1st Battarion Welsh Guardです。
1400名の士官、200頭の騎馬が、マーチバンドなどなど
絢爛豪華な礼服で、White Hall, Horse Guard Paradeを
埋め尽くす様は圧巻です。

horsessoldiers.jpg


実際の会場のチケットは抽選制ですが、
パレードはHorse Guard ParadeからThe Mallを通り
バッキンガム宮殿に戻るので、沿道からぜひ。

女王陛下は、1987年からは馬車ですが、
それまでは、もちろん、自ら騎乗されていました。

しかも横鞍。
queen.jpg

乗りやすさはともかくとして、
女性がとても美しくみえるのが横鞍ですね。

アン王女は、がっちり乗ってます(^.^)
3.jpg


イギリスで、この横鞍を体験してみませんか。
サイド・サドル・レッスンは
イギリス各地、パリでアレンジ可能です。
ご興味のある方は
右のフォームから、もしくはFBから
お問い合わせ下さい。


ランキングに参加しています。
うん、この情報役に立った!
というかたはぜひ1ポチお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村








<お知らせ>
頂いたお問い合わせには必ず返信していますが、もし返信が届かない場合は、迷惑メールフォルダもご確認下さい。フェイスブックアカウントをお持ちの場合は、そちらかメッセージいたければ、確実です。
アクセスカウンター
facebookあります。
プロフィール

ukridingclub

Author:ukridingclub

小さい頃にのった
馬の感覚が忘れられず、

運動神経ゼロ、
リズム感なし、
バランス感覚なし
にも関わらず、
大学生になってから、
本格的に乗馬スタート。



はまる。



結婚後、
ダンナをそそのかして、
イギリスに就職させる。

そして、
自分は乗馬学校の門をたたく。


いかんせん、
馬全体に関して、

経験が足りないことを痛感し、

すこしでも、
馬といる時間を増やすために、

乗馬学校に入り浸る。
(無料ヘルパー状態に)



程なく、
乗馬学校でお仕事の
オファーを受け、
留学カウンセラーとの
2足のわらじを履いて、
働きながら、

トレーニングを受け、

英国乗馬学校協会(ABRS)の
Preliminary Horse Care and Riding Level 1& 2
を取得。


英国馬術協会(BHS)
Care and Riding Level 1&2
を取得。



現在は、
乗馬学校はやめ、
翻訳会社ではたらきながら
17歳の愛馬とともに、
日々精進中です。

おなじ乗馬愛好者さんが
イギリスで乗馬する
お手伝いをしたいとおもって
このブログ作りました。

私が予約代行する場合は
お一人様1件1鞍につき手配料30ポンドから。
グループや長期の場合は
手配料込の価格をご案内いたします。
ご相談下さい。

馬関係のご相談は無料で
ウエルカムです!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる