スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fiona Johnstone 日本クリニック 11月16日〜30日


イギリス乗馬のブログやフェイスブックの投稿にちょこちょこっと
登場しているフィオナ・ジョンストンは、馬のプロデューサーである。
<略歴はこの記事下部に掲載>

Va Va voom2

彼女が調教した馬に跨がらせてもらい、
その口の柔らかさ、背中のしなやかさに感動した我々は
3年ぐらい前から、倶楽部として彼女を応援し続けています。

嬉しいことに、今年は色々なご縁がつながりまして、
念願だった、フィオナを連れての日本行きが決まりました。
馬が繋ぐご縁に本当に感謝します。

11月16日(木)〜11月29日(水)

11月18日(土)〜19日(日)は千葉県八街市の
コルザホースクラブ様で
コルザカップのお手伝い。
11月23日(木)〜26日(日)も千葉県八街市の
コルザホースクラブ様で、
会員様の馬の調教およびレッスンを
行っている予定です。

イギリス乗馬倶楽部はどんな人がやっているのだろう?
ちょっと会って見たい!という方は、
ぜひコルザカップにお越しください。
コルザホースクラブ様のホームページはこちらです。
また、目立つジャージを着て(赤、青、緑の単色三人組)
うろついていますので、見かけましたら、
お気軽にお声かけていただけると嬉しいです。

他にもまだ空いている日がありますので、
ご自分の倶楽部、ご自分の馬でレッスン等ご希望でしたら、
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせメールアドレス:Igirisu.Joba.Club@☆
(☆をgmail.comに替えてください)

<<フィオナ・ジョンストン略歴>>
スコットランドのトレーニング施設/乗馬学校経営者の次女に生まれる。幼少時より母を手伝い、馬の育成とプロデュースにかかわる。10歳の時、家族でイングランドに移住。14歳から他のオーナーの自馬のトレーニングを始める。16歳の義務教育修了後から、馬の調教、競技参加を生業とし始める。20代の頃には、スペイン乗馬学校出身の世界クラスのトレーナー、John Lassetter氏のもとで約2年にわたり研修し、馬場馬術馬のグランプリレベルまでの調教に携わる。その後、デンマークで、ヤングライダーGB馬場馬術チームのトレーナーであったHans Erik Pederson氏のもとで1年間の研修を経て、ヨーテボリのW杯に出場したスウェーデンのLone Kroman女史のヤードのセカンドライダーを務める。その後、イギリスに戻り、Lars Hedin氏の元で競技ライダーを務める。30代後半からは、フリーランスとして多くのオーナーの自馬に乗り、ヒックステッドやウエンブリー(HOYSの前身)、カウンティショーの障害飛越競技に参加しつつ、自らは3歳馬、4歳馬からの馬のプロデュースを始める。近年では、Joe Clayton選手の元に行ったSaveur号(障害飛越)、ヨーロッパ選手権のヤングライダーズ部門でイギリスの代表となったCharotte Smet選手に貸与したWeitske II号(障害飛越)などを育成。今現在も馬のプロデュースをしながら、フリーランスでレッスンを教えている。彼女がプロデュースした馬は、柔らかい口としなやかな背中、素直な性格を持つことで定評がある。

Uleko2.jpg

Welsh_Masters_Pocket2.jpg

Pocketcharottetrimmed.jpg

スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:海外情報

ヘビーホース外乗訪問記<ビーチ編>




2日目はヘビーホースでのビーチ外乗‼
潮の関係もあり、今回はビーチ外乗ができないと思っていたのですが、
せっかくはるばる来たのだからと、
オーナーのアニーさんが、特別に朝早く連れ出してくれました。

しかし昨日からの悪天候・・
部員グリーンはかなりの晴れ女なのですが、
今回は10数年ぶりの大負けということで。
湖水地方恐るべし、、、

人っこ一人いないビーチに到着。
IMG_5358.jpg

IMG_5359.jpg

部員グリーンは今日はシャイアー種のRosieちゃん。
IMG_5361.jpg

部員レッドは昨日も乗ったEddie君。

早速ジャブジャブジャブ。
IMG_5362.jpg

結構な波をものともせず進みます。
IMG_5366.jpg

IMG_5372.jpg

砂浜だけではなく、一部湿地帯もありました。
スクリーンショット 17

スクリーンショット 16

IMG_5374.jpg

勿論、帰りも大爆走。
スクリーンショット 12

スクリーンショット 15

スクリーンショット 14

スクリーンショット 18

いやー、とても爽快なビーチ外乗でした。

動画編もご覧ください。
風の音がすごいので、音声は小さくしてご覧ください。

ビーチ外乗は、上級者向けのみとなっていますので
ご了承ください。



ランキングに参加しています。
うん、この情報役に立った!
というかたはぜひ1ポチお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村


テーマ: - ジャンル:海外情報

ヘビーホース外乗訪問記<ビーチの動画編> 



この楽しさ、動画でお伝えしたい!

風の音が大きいですので、音量は小さ目で。。。







ランキングに参加しています。
うん、この情報役に立った!
というかたはぜひ1ポチお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村


テーマ: - ジャンル:海外情報

<<フリージアンとコスチューム撮影:2時間コース>>

大人気のフリージアン体験ですが、
ロンドンから少し遠いですね。

フリージアンの記事はこちらです。
体験記はこちらです。

このたび、ご縁がつながりまして、
プロカメラマンによる写真撮影が、
ロンドンからそう遠くない
イングランド東部のケンブリッジで
手配することが可能になりました。

<<フリージアンとコスチューム撮影:2時間コース>>

使用するのは美しいフリージアンの牝馬、
Duchess
20495625_10157140081157524_425592403_o.jpg

衣装はフォトグラファーによるハンドメイドです。
撮影当日にサイズを調整いたします。

20314844_10157114400532524_1381394030_o.jpg
『マスケティアーズ/パリの4銃士』風ドレス。

20472626_10157140084187524_2106592933_o.jpg
『フェアリーレディ』

20031017_10157068613747524_1974081224_n.jpg
『ダークレディ』

20049220_10157068085407524_531328412_o.jpg
『ビクトリアンレディ』

20472485_10157140085027524_1341363961_o.jpg
ウエディングドレス等も可能です。

衣装の種類は少しずつ増えていますが、
もちろん、お持ち込みも可能。

20247900_10157114124432524_8694717175700439555_o.jpg

まずは、ご希望などを右の問い合わせフォーム、
もしくはイギリス乗馬倶楽部の
フェイスブックページから
ご相談ください。

フリージアンと写真撮影したいけれども、
時間的にロンドンから遠出できない!
という方にお勧めです。
*ご注意:残念ながら、写真撮影のみで、
馬にのって自由に外乗することはできません。


ランキングに参加しています。
うん、この情報役に立った!
というかたはぜひ1ポチお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

テーマ: - ジャンル:海外情報

ヘビーホース外乗訪問記<山編>



同じく2017年3月末、移転後のカンブリアンヘビーホースにもお邪魔しました。

新しいファームは、キャンプサイトやカフェ、宿泊施設に馬場などの建設が
着々と進んでおり、数年のうちには、滞在型の素敵な施設になりそうです。

こちらは、現在の事務所+ショップ。
グッズやヘルメットなどが並んでいます。
いずれは、ここはカフェに改装される予定。

IMG_5284.jpg


まずは、高原外乗から。
普通の施設は、身長・体重などで乗る馬を決められますが、
ここはみな重種馬なので、「お好きなのどうぞー」という感じで。

ここの馬はイギリス原産シャイヤ―種、
バドワイザーのCMでおなじみのクライスデール種が多いですが、
他にも希少なサフォークパンチ種、
ノルマンディ原産アーデン種などもいます。

今回のグループはイギリス乗馬部員2名と
お誕生日を祝うお姉さん2名の4名グループ。
馬のリストの中に、サフォークパンチのThor君がいたので、
部員グリーンは、Thor君を希望しました。
サフォークパンチに乗ってみるのが夢だったので!

IMG_5311.jpg

この施設の中で一番背が低くて、体高16.3ハンド(約165センチ)のThor君。
その分を馬体の幅に回して、幅は一番・・・。

部員レッドは、施設で2番目に背が高いシャイヤーのEddie君。
体高18ハンド(約183センチ)‼
IMG_5332.jpg

ズラーと並ぶヘビーホース。
比較対象がなくて、あまり大きさがわからない?
IMG_5287.jpg
スタッフの方も、台によじ登って頭絡をつけていました(^∇^)

湖水地方らしい天気ですが、出発です。

IMG_5293.jpg

最初はファーム周りの低地を行き、途中で軽速歩や駆歩の練習をします。
これは、ヘビーホースの大きな動きになれるためで、
どんな経験者でも行います。
IMG_5298.jpg

スクリーンショット 1

スクリーンショット 3

スクリーンショット 2

その後、丘を上へ上へと。。。
スクリーンショット 5

スクリーンショット 6

スクリーンショット 7

山頂からDudden川の河口を臨みます。

スクリーンショット 8

IMG_5303.jpg

それにしても、Thor君、幅広いなぁ。
テーブルにまたがっているような感覚でした。
スクリーンショット 9

時期柄、まだ地面が柔らかすぎて、
出せる箇所は少なかったのですが、
キャンターを出したときは、迫力の馬力!!
スクリーンショット11

スクリーンショット 10
すっかりびしょ濡れになりましたが、充実の3時間でした。

ルートは時期や騎乗者のレベルによって複数用意されています。

おまけのロビー君。
2017年のクライスデールの仔馬。
まだ7週なのに、大きい!!

IMG_5327.jpg

湖水地方は、4月以降から9月ぐらいがお勧めです。

ランキングに参加しています。
うん、この情報役に立った!
というかたはぜひ1ポチお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村


テーマ: - ジャンル:海外情報

<お知らせ>
頂いたお問い合わせには必ず返信していますが、もし返信が届かない場合は、迷惑メールフォルダもご確認下さい。フェイスブックアカウントをお持ちの場合は、そちらかメッセージいたければ、確実です。
アクセスカウンター
facebookあります。
プロフィール

ukridingclub

Author:ukridingclub

小さい頃にのった
馬の感覚が忘れられず、

運動神経ゼロ、
リズム感なし、
バランス感覚なし
にも関わらず、
大学生になってから、
本格的に乗馬スタート。



はまる。



結婚後、
ダンナをそそのかして、
イギリスに就職させる。

そして、
自分は乗馬学校の門をたたく。


いかんせん、
馬全体に関して、

経験が足りないことを痛感し、

すこしでも、
馬といる時間を増やすために、

乗馬学校に入り浸る。
(無料ヘルパー状態に)



程なく、
乗馬学校でお仕事の
オファーを受け、
留学カウンセラーとの
2足のわらじを履いて、
働きながら、

トレーニングを受け、

英国乗馬学校協会(ABRS)の
Preliminary Horse Care and Riding Level 1& 2
を取得。


英国馬術協会(BHS)
Care and Riding Level 1&2
を取得。



現在は、
乗馬学校はやめ、
翻訳会社ではたらきながら
17歳の愛馬とともに、
日々精進中です。

おなじ乗馬愛好者さんが
イギリスで乗馬する
お手伝いをしたいとおもって
このブログ作りました。

私が予約代行する場合は
お一人様1件1鞍につき手配料3000円。
グループや長期の場合は
ご相談下さい。

馬関係のご相談は無料で
ウエルカムです!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。